カテゴリ:撮影機材( 12 )

撮影中。

d0028138_1520787.jpg

昨日、今日とスタジオでは新パッケージの商品撮影が続いている。
予定ではまる2日間を予定していたが、お昼にはフィニッシュ出来そう。
この商品は僕がペーペーの頃から25年くらいずっとお世話になっていて、
2012年の現在も携わる事が出来て幸せです。感謝!
[PR]
by charvy | 2012-02-05 15:20 | 撮影機材

LEICA M6

d0028138_1517766.jpg

久々にライカを買ってみた。
デジタルカメラの出現で、市場ではとてもリーズナブルにフィルムカメラを買うことが出来るいい時代?だ。
型式はM6といい、メカニカルシャッター(電池がいらない)の最後のモデル。
程よく手に収まる大きさとつや消しのボディの手触り、高倍率のファインダー、シャッターのスコッと落ちる瞬間、僕にとってそのすべてが格別だ。
先日、ネガフィルムを装填し撮ってみたが、ズミクロン35mmf2 八枚玉の懐かしい描写も相まって私的な時間を記録するには最適だ。
[PR]
by charvy | 2011-10-15 15:34 | 撮影機材

PHASE ONE IQ160 Test.

d0028138_105830100.jpg
d0028138_10582045.jpg
d0028138_1058015.jpg
先週、8984×6732(6050万画素)を誇るPHASE ONE IQ160というデジタルカメラバックをお借りした。ブログの画面ではとても表現出来ないが、このカメラは完全に人間の目の情報量を遥かに超えている。表現出来る色も16ビット280兆色、恐るべき性能だ。価格も。
[PR]
by charvy | 2011-08-15 12:54 | 撮影機材

Capture One 6

d0028138_20563992.jpg
今日スタジオに戻り、なにげにいつも使っている写真現像ソフトのアップデートをしたら驚いた。

何とi-Padに撮影したデータがWi-Fiで飛ばせるのだ。
これは驚異的!!

i-Padを購入した時にこんなふうに表示出来たらいいのにな〜って考えていたことが現実となった。
[PR]
by charvy | 2010-12-03 21:04 | 撮影機材

楽しみなレンズ。

昨日、坂梨カメラに寄ったら専務が面白いレンズが有りますよって、なにやら単眼を持って来た。

その名も「NOKTON 58mmF1.4 SLⅡ」
昔あったTopcor 58mm F1.4の復刻生産品だ。

僕の中ではもう記憶のほんの片隅にしか残っていなかった旧玉。
とりあえずニコンのD3に付けて開放でテストショットした。

艶はあまりなく日陰で撮った割には乾いているが、解放での切れとそれに矛盾したボケの柔らかさ。
そしてまあまあな肉乗り。
いろんな収差を残した描写はノスタルジックな感じがして心が何となく落ち着く。
そこが今、僕が一番欲しいところか?
なんか昔のMライカのレンズによく似ている。

面白そうなので1本注文した。

今秋のとっておきな日、このレンズ1本だけボディーに付け散歩してみょう。

きっと冬に向かう乾いた空気にお似合いの描写をすることだろう。

d0028138_1853222.jpg
D3s +NOKTON 58mmF1.4 SLⅡ 開放 1/3200 ISO200 NX2 ストレート現像

是非モニターから1mほど離れて見てほしい。
d0028138_1871835.jpg

[PR]
by charvy | 2010-10-19 18:22 | 撮影機材

カメラバックの中身。

d0028138_15415983.jpg


今の季節、ちょっと空いた時間にちょっくらお出かけする時のセット。

普段仕事で使っているカメラは置いといて、小型でも写りのいいリコーのカメラをポケットに入れ
メインの収納スペースはカメラじゃなくて最近は本ばかり5〜6冊入れている。

小型の三脚もマジックアワーには必要だ。

あと突然、よさげな温泉に出くわしてもいいようにタオルはカメラバッグの底に。
[PR]
by charvy | 2010-03-15 10:57 | 撮影機材

春カメラ。

d0028138_226280.jpg
d0028138_2262163.jpg


今日は陽射しに満ちてとっても暖かく、もう春の光だ。
この時期になると、出動するカメラがある。

以前、書いたストーリーにも出てくる6×6ハッセルブラッドだ。
このカメラの特徴は物語を読んでもらうことにして、
この気分のいい日に早速フィルムを装填してみよう!

きっと期待に満ちあふれた「春」が写るような気がする。
[PR]
by charvy | 2010-02-24 22:16 | 撮影機材

Nikon F3

今日からゆっくりするために、昨日徹夜で仕事を終えた。朝一で納品も終え自由だ。何もすることはなく過ごしていた。
しばらくして仕事中に出しっぱなしだったレンズなどをかたづけていると、たなの奥に記憶のむこうに置きっぱなしだったカメラが目に入った。
カメラ名はニコン。
機種はF3。
昔の恋人にでも突然出くわしたかのような、僕の目のフォーカス。
d0028138_1351865.jpg

このカメラは今から30年前、僕が中学生だった頃、親に本気でプロになるからと言って買ってもらった初めてのニコンだった。
そのころ写真に興味を持ち始めた僕がお年玉を貯めて、オリンパスのOM-10という一番安い(当時5〜6万?)一眼レフを持っていたのだが何となく満足出来ず、やっぱり本気でやるには中学生の分際でもプロが使っているカメラが欲しくて欲しくて、半分冗談でプロになるからと親に言い切って買ってもらったと思う。
F3は当時ニコンの最上位機種でマジプロかよほど写真に精通している人しかこんなカメラには手をださなかった。
今、考えたらよくこんなカメラを中学生の僕に買ってくれたなーと思う。
もちろんこのカメラが手元に来てからは毎日、写真の神様が僕に降りて来たかのように撮りまくった。

高校生になっても、もちろん写真部。校写連のフォトコンには毎回単写真や組写真も合わせて50作品ほど出品していた。
このカメラを手にすると当時、写真に対する気持ちがすごく素朴で純粋、そしてポジティブだったことを思い出す。
そして僕のそこら中が被写体だらけで毎日が写真マラソン状態。
フィルムはモノクロが中心で30フィートの長巻きを買って来て、現像屋さんに無料で置いてあった空パトローネに詰め替えて使っていた。もちろん現像は自家現像。
その日の昼間、目の前にした風景や人物、物のディテールが夜に暗室のセーフライトの中に浮かんだ瞬間、僕はそのプリントを見て、もう一回目でシャッターを押していた。

あれから30年、すでに未来に生きている僕は現在もそんな速度で作品が撮れたらと思う。
頭のCPUは相当高速になっているはずなんだけれど。
[PR]
by charvy | 2010-01-19 13:55 | 撮影機材

50年の時を経て、PENがデジタルに。

d0028138_14464480.jpg
このカメラは約40数年前の父のカメラです。
当時フィルムの露光面積を半分して、当時高価だったフィルムを倍の枚数で撮影できるハーフサイズ初の1眼レフカメラでした。
もちろん僕が初めてさわった1眼レフカメラもこのカメラで、僕が生まれる前の母の写真や僕の幼年時代は全部このカメラで記録されています。

今回、このカメラがデジタルカメラとして発売されました。
ほんと今時のカメラで色んな機能が満載です。特におもしろいのがe-ポートレートという機能。
このモードで人の顔を撮影すると肌のトーンを自動でとてもきれいにして再現してくれます。
しかし僕の写真論からするとそうとうの「嘘つきカメラ」ということになります。
だけどそこはお遊びとして、今度はこの僕がこのデジタルPENで家族の写真を撮って見ようと思います。
[PR]
by charvy | 2009-07-03 12:45 | 撮影機材

PHASE ONE の耐久性。

d0028138_8141846.jpg
メーカーからこんな写真が届きました。フェーズワンってこんな状況でも本当に使えるのだろうか?それなら普段の僕の使用範囲だと十分すぎる安心があります。ま〜何百万円もする機材なので丈夫で長く使えないと。
[PR]
by charvy | 2008-07-26 08:18 | 撮影機材