朝まずめ。

もう熊本を出てから4時間ほど車を走らせている。
遠くビルの隙間から空がコバルトブルーに染まり始め、初日の朝を迎えようとしていた。
ほとんど雨は止み、空は薄曇り、空気は生暖かく湿ったアスファルトの香りと、2サイクルエンジン特有の排気ガスの匂いが車内に満ちていた。
d0028138_1451529.jpg
d0028138_145437.jpg
d0028138_1445284.jpg
d0028138_144424.jpg
d0028138_144313.jpg
d0028138_1441460.jpg
d0028138_144795.jpg
d0028138_1435272.jpg
d0028138_1434431.jpg
d0028138_1433442.jpg
鹿児島には時計の針が2本とも下を向く6時半くらいに到着した。
島ではガソリンがレギュラーでリッター155円ほどし高いためフェリーに乗る前に満タンに補給した。
眠気防止のブラックミントガムを噛みながら空を見上げる。
もう僕は梅雨前線を潜ったような気がした。
もともと天気など気にはしていなかった。
目的地の屋久島は晴れているに違いないと確信していたからだ。
[PR]
by charvy | 2010-07-21 14:22 | 旅、OUT DOOR Life
<< 出航。 真夜中の巨大スーパーマーケット。 >>